新卒で総務部に配属された香水は、優しくて気が弱いせいで頼まれると断れない。先輩社員からも教育担当の俺の頼みも何でも聞いてくれる。「お茶汲みして、コピー取って、そしたら俺のチ●ポしゃぶってくんない?」そこにつけ込んでエッチな要求をしてみると…案の定断れない香水。「イヤイヤ」言いながら結局いつも最後までヤッてくれる。男のゲスな欲望に飲み込まれ、セックスの快楽に飲み込まれていく…!