アメリカ在住のありさは日本での進学を望み父の旧友、堀尾の元へ。しかし堀尾は、ありさの父親に対して学生時代の恨みを今でも持っており、その矛先がありさへと向かう。何も知らないありさは罠にはまり堕ちていく…。