『お母さん…僕オナニーするから見てて…』美しくイヤらしいお母さんに超至近距離で見られながら、僕は勃起したイチモツをシゴく。『まぁ…いつもこんな事ばかりしてるの?』お母さんは想像以上に大きくなった息子のオチ●チンを見上げながら、暖かく見守る…。見てるだけでは我慢出来なくなったお母さんは、息子のイチモツをそっと口に含み、優しくお手伝いを始める…。