ねぇ僕。女はね貴方が思うよりみんないやらしいものなのよ…。四六時中いやらしいことを考えているのよ。だからそんなに緊張しないで私の体にむさぼりついてもいいのよ…。透き通るほどの白く柔らかな肌が、ほんのりピンクに染まる頃、童貞男がかすかに悲鳴をあげた。