担任の先生の肉棒を、喉奥までねじ込まれて…。あの子には不憫な思いはさせたくないの。そう、息子のため…息子の…。