亡き父親の跡を継ぎ、老舗旅館の2代目女将として経営を任された牧野遥。才色兼備は子供の頃からで学園中のマドンナだった遥に、幼馴染の沢田は当時から憧れを抱いていたが、虐められプライドを傷つけられたことを恨んでいた。傾いてゆく旅館を再生するため、水商売にまで手を染める遥の奮闘むなしく、恐喝まがいの旅館買収の話が持ち上がる。押しかけてきた地上げ屋は、あの沢田だった――。