早くに夫を亡くした麻子。けれど可愛い息子の為に日々働き、なんとか大学まで出す事が出来た。毎年の夫の命日には母子揃っての墓参りが習慣となっていた。その年は母の為にと温泉のある宿を取りそこで一夜を共にするのだったが…。悪意無き息子の逞しいカラダは、母に女を思い出させてしまうのだった!一度火がついてしまうと止まる事は出来ず、純朴な息子は思いがけない母の痴態に飲み込まれていく…。