上司の葵と地方に出張に行く事になった部下の横山。当日朝からいつもの様に文句を言われながら地方での商談に向かう。商談後、2人は居酒屋に寄り酔って終電に向かうが台の接近で電車は運行停止状態。仕方なく2人は宿を探す事にする。しかし、当日ではホテルは満室に近く一部屋のみ<ツインルーム>しか空いてない事が発覚する。横山はバツが悪そうにその事実を葵に報告する。葵は特に気にする様子もなく、酔って横山に文句を言いつつも同じ部屋で宿泊する事を許諾するが…。